Posts in Category: 日記

雪の下にんじんの収穫本格化です

こんにちは。スタッフのあんてつです。

ワカサギ釣りが終わりひと段落と思いきや、雪の下にんじんの収穫が本格的になり毎日雪の下のにんじんとの格闘です。

IMG_0694(2)

雪の下にんじんは、通常のにんじんと比べると、とにかく甘みが濃いのが特徴的です。にんじん嫌いな子どもも美味しいと絶賛するほどの美味しさです。みずみずしく歯切れのよい食感も良いです。

おすすめは、サラダで召し上がっていただくとともに生ジュースです。いろいろな料理にも使えます。北海道の特産である雪の下での栽培、配送・配達もしますのでいかがでしょうか?

克冬盛夏

代表の藤井です。

すっかり日も長くなり、農場近辺の湿地帯にコハクチョウが飛来するなど、春の訪れを感じる今日このごろです。

IMG_0676

ワカサギ釣りもぽかぽか陽気なので、晴れているとき、テントの必要はありません。春の日差しをたくさん浴びながらする野外の釣りは、なかなかいいものです。本日最終日となりましたが、野外釣りされる方々も多くいらっしゃいました。

今月は、氷の厚さを気にされる方がいらっしゃいましたが、私たちの釣り場の氷は、スタッフたちが厳冬期の間、ポンプを使って川の水をくみ上げ、何層もの厚い氷を重ねてきました。いわば「巨大な氷の船」に乗っているような状態でしたので、安心してご利用いただけたと思います。

例年ですと、この時期は、雪が溶けて農作業が行えるので、ワクワクするところですが、今年は、ワカサギ釣りを中心とした冬の事業がこれまでにない賑わいを見せたことから、もうちょっとこのまま冬が続いてほしいなと思っていました。が、やはり暖冬の影響から本日が最終日となりました。2月後半からは新コロナウイルスの影響を受け、来場者が激減しましたが、来年度につながる手ごたえを感じています。

DJI_0174

私たちの農場は、「克冬盛夏」という理念を掲げています。これは、私が勝手に作った言葉ですが「冬を克服し、夏、盛んになる」という意味です。北海道の農業は、冬を克服しないと生き残っていけません。

ほぼ半年近く雪に埋もれている農地を持つ我々にとって、冬は死活問題です。冬期間の収入はゼロ。つまり無職になります。家族経営でやりくりしている農家さんはよいのでしょうが、私たちの農場では一生懸命頑張ってくれているスタッフたちがいます。そのスタッフたちに冬季の給料が支払えないということはあってはならないことです。

そのため、私たちの農場では、スタッフとともに試行錯誤しながら、冬場の事業をずっと考えてきました。その冬の事業の一つが花開こうとしていることは非常に感慨深いものがあります。さて、コロナの影響もありましたが、冬を克服する糸口が若干ですが、見えてきました。これで、夏に向けて本業の農業が盛んになるでしょう。

来月下旬からは、アスパラを皮切りにたくさんの野菜たちが出てきます。

2019061501

また、冬の事業の一環で作っているほうれん草や小松菜、ニンジンなどは、現在も販売中です。さらに、今年度は、ワカサギ釣りの賑わいを維持するため、一年中皆さんに楽しんでもらえるような観光農園としての事業等を考えています。

IMG_0659のコピー

詳細については、このホームページで随時お知らせしていくつもりです。冬だけでなく、夏場もぜひ、私たちの農場に足を運んでいただければと思います。

これからも「とれた小屋ふじい」をどうぞよろしくお願いいたします。

ハクチョウさんが戻ってきました。

おはようございます。スタッフのあんてつです。

春めいてきましたね。昨年にシベリアから越冬のために南下してきたハクチョウさんたちが、またシベリアに戻るため札幌まで上ってきました。

B163B999-2CC1-4879-A19C-232BAFEC93BA

今朝はうちの農場の田んぼにいっぱい降り仲間たちと踊って遊んでました。動物や木々や山々の自然を感じると、なんだかどんどん春に近づいてきてるなと感じます。

ちなみに、ワカサギ釣り場はまだ開業してます。しかも最近釣果がものすごくあります。先日は3人家族さんで午前だけで800匹釣ったようです。はじめてのツアー参加者の方も写真のようにおよそ1時間で100匹超えでした。

906B39EB-3322-4D6B-A9D8-721987DC6191

自然相手ですので毎度こんな釣果ということはないですが、産卵期が近づきまた釣り場に戻ってきてくれたのでしょうか。

コロナキャンセルは仕方ないですが無断はやめて。

こんにちは。スタッフのあんてつです。

昨日に続き深夜に冷え込み氷が良い状態になりました。日中は日差しの影響で上っ面はしゃりしゃりになりますが、まだ30〜40cmあります。また明日も冷え込むようなのでもう少し出来そうです。20日をめどに今後のスケジュールを考えたいと思っておりますが、少しでも長くワカサギ釣りを楽しんでもらえるように対応を頑張りたいと思っております。

コロナウイルスの感染拡大を受け当農場のツアー予約も激減となりました。およそ8割方アウト。そんな中、先週は大学生の卒業旅行のお客様が飛び入りで多く入ってくれました。みんな本当に楽しんでくれてとても嬉しい日が続きました。

IMG_0002_BURST0010003 86742767_1304158423112469_5961166447932604416_n

そんな中、今日は団体予約が入っていたので集合場所に向かうも誰も来てくれませんでした。電話してもつながらず。とても良いお客様が来てくれて観光事業の楽しさやりがいを感じていたのですが、ちょっとしょんぼり落ち込んでしまいました。

DSC_0681

観光事業はそういうこともあると自分に言い聞かせるとともに、コロナウイルスによるキャンセルは仕方ないと落とし込みました。でも無断キャンセルは、お客様を精一杯おもてなしをしようと準備を進めているのでショックが大きいのでやめてほしいなと思っております。キャンセルは日程や予定の変更もあるでしょうから仕方ないことなのでご一報だけください。

さ、気持ちを取り戻して、今日は野菜の配達に行って来ます。

3月の低気圧参った〜

こんばんは。スタッフのあんてつです。

昨日は雨。そして今日は低気圧による強風で参りました。

だんだんとレンタルハウスの撤去作業を進めているのですが、作業中に風が強く吹くとハウスも体もあおられてしまい大変でした。

DSC_0658

駐車場の路面はなかなか厳しくなってきましたので、最近は農道に停めていただくようにしております。

DSC_0661

レンタルハウスも20日頃までは維持していきたいなと思って頑張っています。

氷の厚さはまだありますが、表の第一層は雨やら日中の日差しでザクザクになってきています。撤去作業落ち着いたらまた状態をお知らせしたいと思います。

外出自粛一部緩和で自前テントの皆さまが気晴らし出来ていますね

こんにちは。スタッフのあんてつです。

道知事の緊急事態宣言がなされて一週間が経ちました。今週末は外出自粛が一部緩和となり、今日の当農場のワカサギ釣り場は色とりどりのテントで久しぶりに賑わいがあるような感じです。

DSC_0652

うちの施設のレンタルハウスも極力貸切にするようにしております。知り合いも遊びに来てくれてもつ鍋パーティしていたのでいただいちゃいました。

87454017_3762840720423565_5836267836892250112_n

氷上のワカサギ釣りは、外でのアクティビティなので、もしも気晴らしに外でお子様を遊ばせるならば、室内空間よりは良いかと思います。

コロナウイルス感染拡大による休校・休園で

こんにちは。スタッフのあんてつです。

北海道知事による緊急事態宣言による外出自粛の週末から一週間が過ぎましたね。観光業や飲食業はじめとする北海道経済は相当な打撃を受けていることと思います。僕らも本来は農業ですが、冬は、若者の通年雇用のために観光事業を行なっていますが、此度の状況で相当大変に陥っております。

また、一斉休校や休園を受けてどうしてもお子様を見なければならない保護者の方はやむなく欠勤することも多くあると思います。当農場では、そんなお母さんのためにお子様を連れて仕事に来てもらうようにしています。今日は事務を担当してくれているスタッフKさんがお子さんを連れてお仕事に来てくれました。お子さんはちょっと戸惑いながらも塗り絵したり僕らに笑顔をくれたりしました。

IMG_0628

知事さんはどんなことをしようもお給料は減らないのでしょうが、僕ら民間企業はその日その瞬間の売り上げがないと大変ですから、色々な工夫をしながら働きやすい環境をつくって日々を送っています。今週末は一部緩和されたと言えどもまだまだ自粛ムード。釣り場の予約も先月と比べたら3割にも満たない状況です。そしてこの事業は、暖冬によって氷の状況も刻一刻と変わり、春に向かえば向かうほど終わりが近づきます。

今年初めてこの事業に携わり反省や課題も多くありますが、この社会状況に対する問題への対応はどうすべきか頭を悩ましています。

コロナウイルス感染拡大を受けて②

こんにちは。スタッフのあんてつです。

コロナウイルスの感染拡大を受けて当農場のワカサギ釣りばも自粛ムードとなっております。それでもいらしていただけるお客様にはおもてなしと出来得る対応をしております。

先日も投稿致しましたが、当農場においての先日ご紹介した取り組みに加えて新たに実施していることについて記載します。

先日来からの取り組み
①レンタルハウスの相席利用回避
②受付におけるアルコール消毒・除菌ティッシュの配置
新たな取り組み
③受付小屋の入り口ドアを常に開けて換気
DSC_0622

④レンタルハウスの一部撤去を先延ばし(これによって小屋数を確保)
DSC_0621

としております。

なお、最近のお問い合わせの中には駐車場の融雪状況がありますので写真でお知らせ致します。今日現在のところはわだちはひどくなっておりません。

DSC_0620

ツアー用の駐車場の方が積雪状況が良いので、運転に不安がありますならばツアー用駐車場をご利用ください。

コロナウイルス感染拡大を受けて

おはようございます。スタッフのあんてつです。

コロナウイルスの感染拡大を受けて、今日から全道の小中学校が臨時休校となり、さらには政府から春休みまでに高校も含めて休校要請の方針が示されましたね。死者も出ており大変な状況となっておりますことから、亡くなられた方々にご冥福をお祈り申し上げます。

また全国規模でイベントが中止となっておりまして、当農場においても3月に釣りイベントの開催を検討しておりましたが、これも自粛せざるを得なくなりましたことお伝え致します。

ただし、通常通り営業はしております。道内での感染者が多く出ていることも相まって予約のキャンセルが出てきており、レンタルハウスに空きが生じております。当農場としましては、濃厚接触を不安視される方もいらっしゃるので、極力相席を回避できるようにしております。ただし、土日祝日は多分混雑が予想されますので、もしも相席を好まれないようでしたら、貸切ご利用もできますので、事前にご連絡ご予約下さい。

貸切でご利用されるお客様の様子です。

貸切でご利用されるお客様の様子です。

氷上のワカサギ釣りは、屋外で出来る冬遊びの一つです。室内での感染対策よりも外遊びであること、レンタルハウスをご利用の場合であっても身内だけの貸切も可能ですので、他者との濃厚接触も回避可能です。自粛ムードではありますが、この北海道の冬の風物詩を体験できるのもあとわずかです。毎晩氷の厚さを増して、少しでも長くワカサギ釣りができるように努力をするとともに、アルコール消毒や除菌ティッシュも受付に用意して対応もしております。

出控えが続くと体もなまってしまいますから、ぜひぜひご利用をご検討頂けたら幸いです。

冷え込む予定の前夕は水撒きです

こんばんは。だいぶ日が長くなってきましたね。スタッフのあんてつです。

今週は夜中が冷え込む天気が続いており、毎日、スタッフが川の水を汲み上げて釣り場に撒いています。これが深夜に凍って、上質な氷の厚みを作ってくれるのです。

DSC_0606

スタッフはびちゃびちゃになって大変ですが、少しでも長くそして安心安全にワカサギ釣りができるように頑張っています。今日の氷の厚さは40cm以上でした。

DSC_0612

またナイター照明も装備整いました。これから事業の拡大を考えています。

DSC_0610

ちなみに今日の釣果もばらつきがありましたが、ツアーの初めてのお客様でも10匹以上の釣果はありました。また魚体も結構大きいものがありました。13cm級もバンバン釣れました。ま、でも天ぷらにするには10cm以下の方が僕は好きなのですけどねー。

88072419_795272884310234_2277607013741494272_n