Posts in Category: 収穫状況

雪〜

おはようございます。スタッフのあんてつです。

今朝の北区は雪でしたね。農場の田んぼや釣り場にもうっすら積もってました。

そしてハウスで栽培してるホウレンソウや葉にんにくの収穫中にも大粒の雪が降ってきました。

C364D91C-5E70-4414-AA7C-F64F4CFCCE3A

コロナウイルスの影響で自粛要請があり運動不足の方もいらっしゃるかと思いますが、農作業は換気も空気も良く運動も出来るので体の面では良い感じです。ただ毎日コロナのニュースでなんだか気持ちは優れません。

ただそれでも野菜のニーズはありますし、野菜は日々成長するので収穫もしないと。うちは低農薬栽培で、ハウスに限っては農薬不使用なのです。健康面から野菜はとても良いのですが有機的な取り組みでより一層ですね。

もしよろしければ直売所でとれたて野菜を販売してますので雪景色の篠路へお越しくださいませ。

健康野菜いかがですか?道産農薬不使用の葉もの出荷中

おはようきび。スタッフのあんてつです。

ワカサギ釣り場の氷が融解し、冬季事業はあとは物品整理を残すところとなりました。そんな中、冬の間に育てて来た葉ものが出荷の最盛期を迎えています。この間、寒締めほうれん草と小松菜、雪の下にんじんをメインに出荷してきましたが、おとといからは葉だいこん、今日からは葉にんにくも仲間入り。皆様にお届けする前にまずはスタッフが味そのものと出来具合を知る必要があると思って、自宅でさっそく料理してみました。

葉だいこんは、葉を食べる専用の品種で、大根のはとは違って筋や苦味が少ないんです。おすすめは味噌汁ですが、炒めてもサラダでも良いです。僕は今朝味噌汁にしてみました。本当に苦味がなく美味しくいただきました。

65917F16-72E3-423D-B0BB-C072A6263EBD

葉にんにくは、にんにくの香りはしますがおだやかで甘みありです。ビタミンや食物繊維が豊富で栄養価が高い野菜です。肉炒めにも合いますし、中華料理には欠かせないようです。僕は昨夜、ホットプレートでお肉と一緒に焼いて食べました。根っこも食べられて色々な食感と味わいを楽しめました。にんにく好きの僕にとっては、通常のにんにくより匂いが気にならないので最高でした。

2020-03-26 09.32.29-1

DSC_0750

どちらもというかハウス栽培は基本農薬不使用なので健康にも良いです。コロナウイルスの感染拡大を受け自粛ムードが高まり、出控えしている皆様は運動不足の懸念もあるでしょう。適度な外出による運動不足解消と、まずは体の中身から健康と免疫を高めるためうちの健康野菜はいかがでしょうか?朝のとれたては直売所で販売してます。

雪の下にんじんの収穫本格化です

こんにちは。スタッフのあんてつです。

ワカサギ釣りが終わりひと段落と思いきや、雪の下にんじんの収穫が本格的になり毎日雪の下のにんじんとの格闘です。

IMG_0694(2)

雪の下にんじんは、通常のにんじんと比べると、とにかく甘みが濃いのが特徴的です。にんじん嫌いな子どもも美味しいと絶賛するほどの美味しさです。みずみずしく歯切れのよい食感も良いです。

おすすめは、サラダで召し上がっていただくとともに生ジュースです。いろいろな料理にも使えます。北海道の特産である雪の下での栽培、配送・配達もしますのでいかがでしょうか?

克冬盛夏

代表の藤井です。

すっかり日も長くなり、農場近辺の湿地帯にコハクチョウが飛来するなど、春の訪れを感じる今日このごろです。

IMG_0676

ワカサギ釣りもぽかぽか陽気なので、晴れているとき、テントの必要はありません。春の日差しをたくさん浴びながらする野外の釣りは、なかなかいいものです。本日最終日となりましたが、野外釣りされる方々も多くいらっしゃいました。

今月は、氷の厚さを気にされる方がいらっしゃいましたが、私たちの釣り場の氷は、スタッフたちが厳冬期の間、ポンプを使って川の水をくみ上げ、何層もの厚い氷を重ねてきました。いわば「巨大な氷の船」に乗っているような状態でしたので、安心してご利用いただけたと思います。

例年ですと、この時期は、雪が溶けて農作業が行えるので、ワクワクするところですが、今年は、ワカサギ釣りを中心とした冬の事業がこれまでにない賑わいを見せたことから、もうちょっとこのまま冬が続いてほしいなと思っていました。が、やはり暖冬の影響から本日が最終日となりました。2月後半からは新コロナウイルスの影響を受け、来場者が激減しましたが、来年度につながる手ごたえを感じています。

DJI_0174

私たちの農場は、「克冬盛夏」という理念を掲げています。これは、私が勝手に作った言葉ですが「冬を克服し、夏、盛んになる」という意味です。北海道の農業は、冬を克服しないと生き残っていけません。

ほぼ半年近く雪に埋もれている農地を持つ我々にとって、冬は死活問題です。冬期間の収入はゼロ。つまり無職になります。家族経営でやりくりしている農家さんはよいのでしょうが、私たちの農場では一生懸命頑張ってくれているスタッフたちがいます。そのスタッフたちに冬季の給料が支払えないということはあってはならないことです。

そのため、私たちの農場では、スタッフとともに試行錯誤しながら、冬場の事業をずっと考えてきました。その冬の事業の一つが花開こうとしていることは非常に感慨深いものがあります。さて、コロナの影響もありましたが、冬を克服する糸口が若干ですが、見えてきました。これで、夏に向けて本業の農業が盛んになるでしょう。

来月下旬からは、アスパラを皮切りにたくさんの野菜たちが出てきます。

2019061501

また、冬の事業の一環で作っているほうれん草や小松菜、ニンジンなどは、現在も販売中です。さらに、今年度は、ワカサギ釣りの賑わいを維持するため、一年中皆さんに楽しんでもらえるような観光農園としての事業等を考えています。

IMG_0659のコピー

詳細については、このホームページで随時お知らせしていくつもりです。冬だけでなく、夏場もぜひ、私たちの農場に足を運んでいただければと思います。

これからも「とれた小屋ふじい」をどうぞよろしくお願いいたします。

雪の下にんじんの収穫始まりました。

こんにちは。スタッフあんてつです。

6D26E3F6-B0DC-4028-99D4-1FBE2E3630C3ここのところ冬の事業のワカサギ釣りやスノーアクティビティばっかりのブログになっていましたが、うちの根本たる事業は農業でした笑笑

ということで、今日は雪の下にんじんについてです。

少雪となった今冬は、さっぽろ雪まつりをはじめとする各種イベントに大きな影響を与え、農業生産現場においても雪下・雪室野菜の生産に支障が出ているという報道が流れていますよね。

雪下・雪室野菜は、大根やキャベツ、にんじんなどを雪の下で越冬させたり、一定期間保存したりした生鮮野菜のことを言うんです。雪国ならではの特産品で、低温で高湿度の雪の中で熟成させることで甘みが増すことで知られています。

当農場では、雪の下にんじんを育ててます。1月中旬から収穫をはじめ、今少しずつ出荷しています。雪解けの3月中旬から4月にかけて本格化しますが、少雪の影響で、雪下野菜がピンチと言われていますが、当農場の農地である北区は例年よりは少ないものの比較的安定的に雪が積もっています。通常の収穫と違って、その積もった雪を取り除いてからの収穫となるので、作業は大変です。それでも雪国ならではの雪下での越冬で糖度が高くなった生鮮野菜をお届けしたいという思いから、作業を進めています。ワカサギ釣り場にて販売もしておりますが、発送も承ってますので、ぜひ一度ご賞味下さい。

トマト収穫に欠かせないもの

2019072001

トマトがなっているビニールハウス内は高さ2メートルほどの苗に実がついています。

ここで、トマト収穫する際のオススメアイテム!まず1つ目は『帽子』です!

2019072002

見上げると、高いところにトマトの花が咲いていますが、この花から花粉が落ちます!

髪に付いたりしないように!あと、枝に引っかからないように、帽子は必須アイテムです!暑さ対策にもなります☆

花粉対策としては『帽子』『長袖の服』もあると良いです!

2019072006

ただ、服に花粉が着くとなかなか落ちにくいので汚れても大丈夫な上着があるといいです☆

長袖だと虫対策にもなりますが、あまり厚手だとビニールハウスの中は暑いので簡単に脱ぎ着できると便利ですよ!

2019072003

『手袋』もあると便利です!!これも花粉対策!

衛生面でもオススメです☆

2019072005

トマトの収穫体験をされる方は

ビニールハウスの入口に注意事項が書いてありますので、体験前にご確認ください!

 

 

2019072004

ちなみに・・・

トマト収穫の際は『ハサミ』等はなくても大丈夫です!

トマトのヘタの部分から少し上のほうがポこっとしていますが、ミニトマトはこの部分から簡単に収穫できます!

とれごろトウキビ

トウモロコシが採れはじめました!

直売所にて初物販売中です(*´˘`*)

さて、トウモロコシ。

とれごろを見極めるポイントを店主に聞いてみました

『髭が黒くなっている』

『髭の根元を持ったとき、丸く膨れている』

この2つが収穫のポイントだそうです!

なるほど。。勉強になりました。

( ¯꒳¯ )

このポイントを忘れず!これから本格化するトウモロコシ収穫!頑張るぞー!!

おまけ

今日もカエルのぴょん吉と田んぼパトロール

風が強いね!ぴょん吉(`・н・´)

トマトの森

2019070505

トマトのビニールハウス内はこのように・・・・

2メートル近くまで成長して、たくさん実をつけたトマトと、トマトの花。

まるで森のようになっています

2019070506

毎朝、赤くなったトマトを収穫していますが、次々とスタンバイ状態。

毎日たくさんの(ほんとにたくさんの。笑)トマトを収穫しています!

 

 

 

おまけ

2019070507

『トマトも良いけど、他の野菜だってあるんだかね!』と、

ナスの葉っぱにしがみつく ぴょん吉

リーフレタス!!

2019062501

わっさーーーーーーっとなっているのは

今日から収穫のリーフレタスです!!

 

雨続きからの快晴で大きく育ちました!!

2019062502

収穫するとレタスのいい匂い!

直売所とコープさっぽろさんで見かけたら

ぜひどうぞ!

・・・あれ?

今日みたいに、昨日までは雨でそこからの晴天!のような日には

ビニールハウスに行くと「・・・あれ?」と思うことがあります。

2019062402

「・・・あれ? こんなに大きかったっけ??」

昨日まではこんなに大きいサイズなかったと思うけど・・と思っていると

農場長が「雨には天然の栄養がたくさんあるから」と教えてくれました。

そうか!雨から栄養もらって太陽あびて大きくなったんだ!!

・・・いや、それにしても成長早くない???笑

2019062403

栄養たっぷり、とれたて茄子!!

切り込みいれてかるーく塩しただけで、すごくおいしい!!!

2019062401

直売所で販売中です!

昨日は売り切れてしまいました!ありがとうございます!!

 

 

2019062404

ピーマンも・・・あれれ??こんなに大きかったっけ???